心理カウンセラー資格

心理カウンセラー資格を取得すると、給料は平均幾ら位なのか?

 

心理カウンセラー資格が効率よく勉強できる講座の無料資料請求は上記より可能です

 

 

心理カウンセラー資格を取りたいと思った時、資格取得後、どの位の報酬が貰えるのかとても気になりますよね。

 

 

そこで今回その心理カウンセラー資格取得後の給料、手取り等一体どの位になるのか具体的に触れて行きたいと思います。

 

 

心理カウンセラー資格と言っても本当に幅広く、一番最高に難しいのが臨床心理士です。

 

 

この資格は臨床心理士をしっかり勉強できる大学院等で資格を取得します。

 

 

難易度も高く、資格を取得して社会に出た後は、心理カウンセリングや、心理テストによる、内面的な性格を判断したりするお仕事等に就かれたり、場合によっては、その依頼して来た人のケアをするだけでは対応できない場合があります。

 

 

例えば家庭問題、学校での問題、職場の問題等です。

 

 

相談者一人にアドバイスをするだけでは解決する事が出来ないような場合は、一緒に交渉したり、問題を相手に伝えたりして、問題点を一緒に解決したりします。

 

 

また学校等にも、生徒さんの相談に乗ってあげる専門の先生が居ます。

 

 

正式にはその先生の事を、スクールカウンセラーと言いますが、学校で起こる様々な問題を生徒、教師、親等と相談し合って、日々苦しい思いをしてる生徒さんの心のケアをしていくお仕事です。

 

 

その他にも、メンタルクリニックや心療内科で相談役として悩みを聞き、相談者とともに、解決の方法を探したり、児童相談所、高齢者等の多い老人福祉施設、職場での相談を主とする産業カウンセラー、犯罪の受刑者等の心のケアにをしてあげたり、職場、勤め先はその仕事内容によってさまざまに変わります。

 

 

どの職場でどのような仕事をするかによって給料は変わりますが、大体20万円前後〜50万円前後の給料を貰って臨床心理士の仕事をしてる人が多いです。

 

 

 

 

心理カウンセラーは国家資格で難しいの?

心理カウンセラーの勉強をしたいんだけど・・・と友達に話をした時、「それ国家資格じゃないの?」

 

 

と言われたという方も多いのですが、本当のところはどうなのかというと、半分本当で半分は間違っています。

 

 

心理カウンセラーというのは、職業としての大きなくくりで心理カウンセラーの中には、国家資格に続するものもあるというのがあるというのが分かりやすいかも知れません。

 

 

ちなみに国家資格の職業は公認心理士等で心理学の大学、そして、大学院で勉強し卒業して、文部科学や厚生労働省が指定してる施設で働く人の事を言います。

 

 

また臨床心理士という資格もあります。

 

 

・こちらは、受験資格に条件があり、指定された大学院を卒業してる
・臨床心理士になる為の勉強を教えてくれる専門職の大学院を卒業してる
・海外で上記と同等の学校で勉強して、心理臨床経験が2年以上ある
・医者で、心理臨床経験が2年以上ある

 

 

等かなりハードルが高い国家資格になります。

 

 

上記の国家資格はどちらもかなりの費用が掛かりますし、かなりの時間と勉強量が必要になり、国家資格となると凄く難しくなります。

 

心理カウンセラーで国家資格を目指す為の大学は全国に200校以上

ちなみに心理カウンセラーで上記のような国家資格を目指したい方の場合、短大や大学等心理カウンセラーに強い学校があります。

 

 

最終的な就職先のゴールは病院だったり、福祉施設だったり、相談所だったりしますが、そこにはやはり学費が相当かかります。

 

 

一般的には、では学校に行きますとなった時点で短大や大学の場合、31万円位から175万円程迄様々で、専門学校でも50万円以上から180万円位かかります。

 

 

社会人になった後で、心理カウンセラーになりたいと思っても、国家資格の上記心理家運セラーだと、費用は仕事をしてるから頑張って捻出できたとしても、時間がなかなか難しく現実的ではないですよね。

 

 

ですが、一般の方でも比較的短時間で上記と比べるとコストも低く、簡単だけど比較的ニーズが高い民間資格があり多くの方は以下の心理カウンセラーの資格を得る方が多いです。

 

 

心理カウンセラーになる為の心理学を学べる国公立大学

将来心理カウンセラーの道に進みたいという場合、医学等で活躍する場で心理学を活かしたり、国家資格を目指すという場合は、心理カウンセラーになる為の国公立大学は全国にいくつかあります。

 

 

『滋賀県立大学の人間関係学科』、『長野大学の社会福祉学科』、『広島大学の情報科学部』、『山口県立大学の社会福祉学科』、『岩手県立大学の社会福祉学部』、『下関市立大学の公共マネジメント学科』、『都留文化大学の初等教育学科、『群馬大学の学校教育員養成課程』、『首都大学東京の人間社会学科』、『北九州市立大学の地域創生学群』

 

 

『大分大学の福祉健康科学部』、『高知工科大学の経済・マネジメント学群』、『島根大学の法文学部、教育学部、人間科学部』、『埼玉大学の教育学部、福井大学の教育学部、医学部』、『琉球大学の人文社会学部』、『静岡大学の人文社会科学部』、『富山大学の人文学部、人間発達科学部』、『秋田大学の教育文化学部』、『滋賀大学の教育学部』

 

 

『福島大学の人文社会学群人間発達文化学類』、『信州大学の人文学部、教育学部、筑波大学の人間学群』、『徳島大学の総合科学部』、『大阪府立大学の現代システム科学域』、『茨城大学の人文社会科学部』、『神戸大学の国際人間科学部』、『横浜私立大学の国際教養学系』、『福井県立大学の看護福祉学部等の大学』等の国公立大学で心理学を勉強する事ができます。

 

 

偏差値等は大学によってさまざまですが、慶應義塾大学文学部、国際基督教大学心理学部、上智大学・早稲田大学このあたりがトップクラスです。

 

 

大学に進学して心理学を学ぶと、心理学者や臨床心理士になる方が多く、多くの方が大学院に進まれる場合が多いです。

 

 

心理学を勉強すると言っても、犯罪心理学等や、社会心理学等かなり幅が広いので、かなり面白く興味深いジャンルでもあります。

 

 

心理カウンセラーになる為の通信で学べる大学

心理カウンセラーになる為の通信で学べる大学もいくつかあります。

 

 

入学する為の試験は無い所が多いですが、逆に卒業するのが難しかったリするのが通信で大学の勉強をする特徴でもあるので、しっかり勉強する必要がありますが、

 

『大手前大学 通信教育部』、『放送大学』、『産業能率大学の心理カウンセリングコース』、『東北福祉大学 総合福祉学部の通信教育部』、『聖徳大学通信教育部の心理・福祉学部 心理学科 臨床心理コース』、『東京福祉大学の心理学部心理学科』、『武蔵野大学の人間科学部人間科学科 心理学専攻』、『中部学院大学の人間福祉学部 人間福祉学科 通信教育過程』、『京都橘大学の健康科学部 心理学科 通信教育課程』等です。

 

 

どの大学も100万円前後の学費が、通信で勉強する際にかかりますが、こちらもしっかり通信で大卒となり、尚且つ心理学を徹底的に勉強したい場合には、役に立ちます。

 

 

大学進学等ではなく、民間資格で学べる今話題の心理カウンセラーとは?

心理カウンセラーになりたいと思い、心理学の勉強をしたいと思っても、社会人になって会社員や主婦等の仕事をしてると、そこから大学に進学してとなるとなかなか難しく現実的では無かったリします。

 

 

 

その為大学等に進学しなくても、資格が取れる方法で学んでいくのがベストです。

 

 

民間資格での心理カウンセラーの資格と考えると、今話題の資格というのがあります。

 

 

それが実践心理学NLP。

 

 

この実践心理学NLPは、あのオバマ大統領も学んだNLPで、LNPというのは1970年あたりから開発され研究されてきた心理学です。

 

 

この実践心理学NLPは、ベトナム戦争に戦いに行った軍人の方々が戦場から無事帰還するんだけど、多くの人が大きな疾患を心の中に抱え、苦しんでる人が多い中で少しでもケアをして行けるようにと研究されたのがNLP心理学です。

 

 

NはNeuroの頭文字で、五感や神経を指します。

 

 

そしてLはLinguisticの頭文字のLで、言語、PはProgrammingの頭文字という意味で、NLPは別名、神経言語プログラミングと言います。

 

 

仕事にも非常に活用する事ができ、NLPをちゃんと勉強すると、あなたもNLPを日常生活で活用できるようになっていきます。

 

 

例えば仕事だと、上司と部下、周りの仲間達との関係、取引先との関係、自宅に帰ってきてからのパートナーや子供さんとの関係、周りで子育ての悩みを抱えてる人へのアドバイザーとして、恋愛が上手くいく為のスキル、友達と強い関係を築くスキル等が得る事ができます。

 

 

またNLPを所持する事で、就職に有利に働いてくれるスキルになっています。

 

NLPは一生ものの価値となる

オバマ大統領がNLPを学んだ事は冒頭で触れえましたが、仕事で成功してる人でNLPを勉強し実践してきた人はものすごく多いです。

 

 

例えば、おおくの実業家、起業家等の成功者を多数輩出してきた世界的に有名な、メンタルトレーナーとして活躍してるアンソニーロビンズがNLPを使い、テニス選手のアンドレ・アガシ選手に教えたところ、その後アガシ選手は世界1位の座に。

 

 

あのクリントン大統領もNLPを学んでいるのです。

 

 

心理カウンセラーとして役に立つNLPの資格はどのようなものがあるのか?

心理カウンセラーとしてもビジネスに活かすには、やはり多くの人に示す事ができる資格を取得するのが最も早道です。

 

 

NLPの資格としては、いくつか種類があります。

 

 

入門編ともいえる初心者さん向けの資格から、プロのトレーナーとして活躍できる上位ランクの資格まであるので、あなたが是非心理カウンセラーの仕事をしたい、また心理カウンセラーとしての仕事はしなくていいけど、日常的に仕事や私生活等で活かしたいという場合は、これらの資格を取得する事で、NLPの資格は身について行きます。

 

 

主な資格として、
・NLPプラクティショナー、NLPマスタープラクティショナー、MCAAプラクティショナー等があります。

 

NLPプラクティショナーは、NLPの基本を学ぶ事ができ、またセミナーや研修等をあなたが行う事もできる資格です。

 

 

またNLPマスタープラクティショナーは、NLPのスキルを人に教えていくにあたり、肩書きにNLPマスタープラクティショナーと表記する事ができ、米国NLP協会の認定証を貰う事ができます。

 

 

これによりあなたは、日本だけではなく国際的にも評価されるNLPの講師としても活躍する事が可能になって来ます。

 

 

そしてMCAAプラクティショナーは、自分のメンタルチェックの管理やケア、そしてあなたのご家族やお友達等を始め、あなたにかかわる方々の心のケアをする為の認定資格です。

 

 

メンタルケア心理士の心理カウンセラー資格は独学でも可能か?

メンタルケア心理士は独学でも勉強できるのかというと、通常大学等で学んでいくものですが、実は唯一通信講座でも勉強できるルートがあります。

 

 

メンタルケア心理士は、辛い状態の心を正常な状態に戻してあげるサポートをして他人を助けてあげる事が出来る素晴らしい仕事です。

 

 

医学の知識も必要で、メンタルケア心理士の資格を持ってる人病院や学校等でお仕事をされていた李、診療所等で働かれる人も多いです。

 

 

このメンタルケア心理士の勉強を独学で効率良く安全に勉強できるように用意してくれてるのが、ヒューマンアカデミーのメンタルケア心理士の通信講座です。

 

 

メンタルケア心理士の通信講座の無料資料請求は以下より可能です。

早速資料を無料で貰って、あなたにとって役に立つチャンスなのかどうかご検討なさって下さい。

 

 

 

 

 

心理カウンセラーとしてだけではなく、日常実践できるのが、実践心理学NLP

心理カウンセラーとしても、また日常的な心理学を実践し、ビジネスやプライベートの面で日々活用できるように研究された実践心理学NLP。

 

 

この実践心理学NLPは、スポーツや看護や医療の場面、そして就職や経営等ビジネスの面において、更に家庭でのパートナーや子供さんに対して、恋愛の面に等においてもっと日常的に実践・応用に使える様にしてるのが、実践心理学NLPです。

 

 

またもっと仕事として心理学を活用して日常生活やビジネスに活かせる資格があります。

 

 

メンタルケア心理士、ケアストレスカウンセラー、引きこもりや不登校に対してのアドバイザー等です。

 

またケアストレスカウンセラーは、心の病気にならない様にするための予防を主とした心理カウンセラーです。

 

 

あらゆる職場や学校、またパートナーや子供さん、回りの人との人間関係等でのストレスに対して大きく活用できる資格になって来ます。

 

 

またひきこもりや、学校に行かない不登校の子供さんを支援していく資格もあります。

 

 

ひきこもり支援相談士や、不登校訪問専門員等です。

 

 

心理学と言ってもかなり幅広い範囲の資格がありますので、あなたのこれから活用したい活躍シーンに応じた資格や勉強を行い心理カウンセラーの勉強をしていく事が大事です。

 

 

 

心理カウンセラー資格を学校で短期間で勉強して取得するには

心理カウンセラーの資格は、自宅で勉強して取る事もできますが、学校に通って勉強する事が一番心理カウンセラー資格を取る為の早道でもあります。

 

 

やはりどうしても社会人になって心理カウンセラーの資格を取得する為に、仕事から帰ってきて、また家事の合間等に勉強しようと思っても、他にもやらないといけない事があったり、日常の疲れがあったりしてどうしても、最初に立てた計画通りに勉強をこなしていく事は不可能に近くズレが出て来ます。

 

 

また心理カウンセラー資格を学校に通って勉強する事で、分からない事等は先生にスグに聞いて質問して解決する事もでき、また深い部分迄学んでいく事ができます。

 

 

結局学校に通うのに多少費用も掛かる事になりますが、その分心理カウンセラーになる為の時間の浪費をできるだけなくすことができますので、その費用対効果は抜群です。

 

 

この心理カウンセラーの資格、いくつかの資格がありますが、これらの資格を包括的に学校という学びの場でしっかり教えてくれるのが、あの全国的に資格のスクールとして有名なヒューマンアカデミーになります。

 

 

ヒューマンアカデミーは全国各地に学校がありますから、最寄りの学校で仕事が終わってからとか休日とかあなたのタイムスケジュールに合わせて通学して効率よく早く、無駄な時間を使わずに、心理カウンセラーを取得できるコースを進んでいく事が可能になります。

 

 

心理カウンセラー資格を通信で学ぶなら

心理カウンセラー資格を学びたいと思った時、上記ヒューマンアカデミーの学校が最寄りに無い、近くにはあるんだけど、どうしても仕事が不規則でスケジュールが組めない、子育てや介護等で家からなかなか離れる事が出来ない等で、学校に通うという事が難しいという場合もあると思います。

 

 

その時はヒューマンアカデミーが通信教育での心理カウンセラーのコースも用意してくれています。

 

 

数多くの心理カウンセラー資格合格者を出してきた有名校だからこそ出来るきめ細やかなサポートと教材であなたの資格取得迄の合格を効率よく学べる状態にしてくれるカリキュラムが用意されています。

 

 

詳細等は以下より無料で資料請求する事が可能となりますので、まずは以下より資料を請求して、あなたのライフスタイルに合った勉強が出来るのか確認してみられる事が、心理カウンセラー資格取得により一層近くなりますので、ご確認なさってステップアップして下さい。

 

 

心理カウンセラー資格の無料資料請求は以下より可能です。